万歩通算のカウンターが統計を刻んでいく

通常空き運動していないせか、体重が増えてきました。これではいけないと思い、毎日多少なりともあるく事を指しました。それでもただあるくだけだと、1週間もやると飽きてしまう。そうするとまた歩かなくなり、体重が増えて来る。考え方がないと結構積み重ねる事が耐え難いものです。

ともかく、「一日一万歩」の考え方を掲げてみました。そうしてシャカリキに毎日、一万歩目標に万歩通算を持ち出して走り抜けました。万歩通算のカウンターが統計を刻んでいくのを確かめるのは、確かに気合いの継続になりました。それでもほんのりがんばり過ぎたようです。膝に違和感をもらい始めました。先生に行くといった、「駆け抜けすぎです。」と言われ、毎日一万歩の考え方は急遽お休みだ。

そんなことであるくことをちょっぴり止めていた時に、プレイの「ポケモンGO」が流行り始めたのです。自分の携帯にも「ポケモンGO」をセットアップして、幾らか試合してみました。やってみるとずいぶん興味深いんですね。ポケモンを集めるという振る舞いが控え目ですが、ここにははまります。歩いてポケモンを探してGETする、これは毎日の作用に向いていると思いましたね。

膝の足取りが良くなったので、スマホを片手に近くの公園を歩いてみました。ポケモンが出現すると、スマホがバイブレーションしますのでひと度あるくのを止めてポケモンの確保手続にかかります。確保したらまたあるく。こういう繰り返しで公園を歩きます。

常に歩きっぱなしにはならず、休み休みあるくのが良いです。あんまり疲れた感じがしません。途中から自ら「ポケモンGO」をするのではなく、彼女と共にやることにしました。

二人でする人物といった娯楽が増えますね。考え方が固定でなく、度変わることで飽きがきません。歩き事が楽しみになります。「ポケモンGO]のおかげでウェイトも静まり、カップルともども元気だ。積み重ねる事が至高大事ですが、どんなに続けられるかが問題ですね。gaianation.net

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする